製品紹介

自転車に優しい側溝

自転車に優しい側溝とは
施工例 浜松市    

「自転車にやさしい側溝」は側溝の一部を舗装で覆うことにより

スリット部は残しながら露出幅を90mmに抑えています。

境界ブロックはJIS規格製品対応で修繕、乗入れ変更も簡単です。

 

平成24年11月に国土交通省道路局及び警察庁交通局から発表された

『安全で快適な自転車環境創出ガイドライン』の中に

側溝、街渠などについて次のような記載があります。

 

①エプロン幅が狭く、自転車通行空間を広く確保できるもの

②平坦性の高いものへの置き換えや滑り止め加工等を行う

③側溝と舗装すりつけ等縦断方向の段差等にも留意するものとする

④横断勾配については、2%を標準とする

自転車に優しい側溝は同ガイドラインに全て合致する製品です。

 

 

 

 

 

 

更に自転車空間だけにとどまらず中央分離帯や

幅員が狭い道路でも 性能が発揮されています。

前のページヘ戻る