製品紹介

都市型側溝/可変タイプ

都市型可変タイプとは

都市型側溝の自由勾配側溝(可変側溝)タイプです。都市型側溝で培われた優れた技術を、可変側溝にも付加しました。
※特許登録済

集水性が良い

巾15mmのスリットが連続しているため、道路のどこからでも素早く水を飲みこみます。縦断勾配が穏やかな場合でも、ゲリラ豪雨や大雨の時もで、上に水がたまりません。

蓋不全・騒音をシャットアウト

都市型可変は、インバート施工後に頂版(蓋)をモルタルで本体と一体化します。蓋のガタツキ騒音や、跳ね上げ事故を防いで、安心・安全です。

 

すぐれた施工性

開口部のないスリット側溝と違い、開口部からスムーズにインバート施工ができます。
スリット側溝と同じ、「パーフェクトジョイント」工法を採用しています。てこの原理とパッキンの反発力を利用した目地工事不要の完全止水工法です。施工性が飛躍的に向上し、即日解放できます。(交通規制期間短縮・交通渋滞緩和)
また、側溝本体が垂直なので、スムーズな転圧ができます。転圧不足の問題がありません。

都市型側溝との組み合わせ

「都市型可変タイプ」は都市型側溝シェイプアップスリットと同じ幅のため、逆勾配のところがあっても組み合わせることで、都市型側溝シェイプアップスリットが使用できます。

 

ファインステップ加工

つまずかない!すべらない!
「ファインステップ加工」にも、対応可能です。

特徴

ファインステップ加工を施した側溝の上面は、雨の日の歩行のスリップもなく、スリップ防止突起によるつまづきもなく、安心・安全・快適に歩行できます。

 

開発経緯

きれいなコンクリート製品の表面を降雨時に歩行した場合に滑ってしまうことがあり、表面に「突起」や「くぼみ」を設ける対策がとられてきました。ところが、この「突起」によってかえってつまづくという事故が起こるなど、新たな問題も発生していました。
これらを解決するために、表面の微細なテクスチャーのみですべり抵抗値を最適値に引き上げたものが「ファインステップ」です。側溝上面に快適な歩行性を実現しました。

 

 

最適な滑り抵抗値(CSR値)

ファインステップ加工品は(財)全国タイル検査協会・技術協会でおこなった降雨時の屋外を想定した耐滑り性試験において、スリップもつまづきも無い「かなり安全である」とされる最適なCSR値(滑り抵抗値)を示しました。


※「都市型側溝/SHAPEUPSLIT/シェイプアップスリット」及び「ファインステップ」はゴトウコンクリート株式会社の登録商標です。

 

その他ご案内

建材ナビ

建材ナビに登録しています。
該当ページへ

前のページヘ戻る