製品紹介

都市型側溝/Wスリット

Wスリットとは

排水性舗装のときに、別々であった排水導水管(ドレイナー)と都市型側溝の一体化を実現させた画期的なスリット側溝です。

※特許登録済

 

 

 

一層式排水性舗装対応

従来の排水性舗装ではΦ18のドレーンを設置するために、「かま場」と呼ばれるスペースを確保するため、その部分だけに2層分の排水性舗装が必要でした。Wスリットは、Φ18以上の断面を持つドレーナー部が都市型側溝と一体化製造され、一層式で排水性舗装が施工できます

施工性は向上し、工期が短縮できるだけでなく、側溝際の舗装もしっかり転圧できるので、たわまずにキレイに仕上がります




従来(左:ドレーン断面積 2.54㎠)とWスリット(右:ドレーン断面積2.70㎠)




 

コスト縮減

一般的なドレーン(ステンレス製)と比べてコストが安くなります。また、一体成型なので、ドレーン設置手間が不要です。

 

取水効率

Wスリットは都市型側溝の縦断方向に連続するステンレスメッシュのドレーナー部があるので排水性舗装内部の水を逃さずキャッチします。

 

耐熱性・耐久性

Wスリットのドレーナー部はステンレスメッシュです。合成繊維のドレーンと比べて、耐熱性・耐久性ともに優れています。
また、強固な一体型成形のためステンレスメッシュが剥がれたり、引っかかって壊れることもありません。仮舗装部の復旧や、切削オーバーレイがスムーズです。

 

適応可能な都市型側溝

都市型側溝シェイプアップスリットのUGKS・UGFS・UGHSのすべてに適応可能です。

 

ファインステップ加工

つまずかない!すべらない!
「ファインステップ加工」にも、対応可能です。

特徴

ファインステップ加工を施した側溝の上面は、雨の日の歩行のスリップもなく、スリップ防止突起によるつまづきもなく、安心・安全・快適に歩行できます。

 

開発経緯

きれいなコンクリート製品の表面を降雨時に歩行した場合に滑ってしまうことがあり、表面に「突起」や「くぼみ」を設ける対策がとられてきました。ところが、この「突起」によってかえってつまづくという事故が起こるなど、新たな問題も発生していました。
これらを解決するために、表面の微細なテクスチャーのみですべり抵抗値を最適値に引き上げたものが「ファインステップ」です。側溝上面に快適な歩行性を実現しました。

 

 

最適な滑り抵抗値(CSR値)

ファインステップ加工品は(財)全国タイル検査協会・技術協会でおこなった降雨時の屋外を想定した耐滑り性試験において、スリップもつまづきも無い「かなり安全である」とされる最適なCSR値(滑り抵抗値)を示しました。


※「都市型側溝/SHAPEUPSLIT/シェイプアップスリット」及び「ファインステップ」はゴトウコンクリート㈱の登録商標です。

NETIS

NETIS登録製品です。
国土交通省 新技術情報システム(NETIS)に登録されています。
登録番号:CB-060018-A
NETISの当該ページへ

 

前のページヘ戻る